大正浪漫硝子

大正浪漫硝子

大正時代に盛んだった、あぶり出し技法を用いた硝子。
一度消えかかった技法を復刻した、日本ならではの工芸ガラスです。
乳白色のロマンティックな模様は絵付けで描かれたものではありません。
職人さんの成形しながらの巧みな温度コントロールで一瞬浮かび上がる
儚くも美しいオパールガラスの色合いそのものが柄を描き出しています。
スッキリとした形から雰囲気たっぷりな形まで豊富なバリエーションを
ご用意しています。

大正浪漫硝子

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
56商品中 25-48商品
大正浪漫硝子
大正浪漫硝子
1・透明なガラスに乳白ガラスを巻きつけたベースをつくります
大正浪漫硝子
2・ベースを凹凸のある金型に吹き込んで、でこぼこした硝子のタネをつくります 模様がうっすらと見え始めます
大正浪漫硝子
3・タネが冷えてくるのでもう一度窯で温めます 模様が浮き出てきました
大正浪漫硝子
4・グラスなどの形に成形するため、また別の型に吹き込みます つるつるした表面になり、温度差で模様がハッキリとします
大正浪漫硝子
5・不要な部分を切り落とし、炙ってなめらかにした後、2時間ほどかけてゆっくり冷まして完成です
>