江戸切子 鉢 花

とわ「永久」いつまでも変わらないこと。また、そのさま。 江戸時代後期、日用品として普及し始めたガラス製品は今日では暮らしに欠くことの出来ないものとなりました。 「TOWA」は、今も変わらず東京の下町で、卓越した職人の技術に支えられながら作られています。 硝子を透かして見れば、現代的な柔らかいフォルムの中に江戸の粋な風情が映し出されます。 デザイナー Design Studio Monochro
型番 MO-2-AM-A
販売価格
16,200円(税込)
購入数