江戸切子 切子模様文鎮 魚子


江戸切子 切子模様文鎮 魚子
  • 江戸切子 切子模様文鎮 魚子
  • 江戸切子 切子模様文鎮 魚子
レンズや眼鏡などに用いられ光の屈折が美しく透明度の高い光学ガラスに、昔から愛される江戸切子の紋様を施しました。
ピュアな素材とシンプルな美しさの紋様が出会って生まれたモダンな文鎮です。
側面に反射した模様の煌めきや、切子面を撫ぜた時の手触りを楽しんで。

透明な色合いはどんな景色にも馴染みます。
桐箱入りでプレゼントにもおすすめです。

細かなダイヤ柄のカットの連なりが、キラキラ輝く魚の卵をイメージさせたことから「魚子紋」と呼ばれる模様。
煌めく魚の鱗に似ているから、とも言われますがいずれにしても海を身近に感じていた江戸の人々らしいなあと感じる名前です。
子孫繁栄の願いが込められた模様です。
シンプルながら難しいカットで、ぽこぽことした手触りも愛らしい一品です。


江戸切子|EDO KIRIKO
1834年(天保5年)に江戸大伝馬町のビードロ屋、加賀谷久兵衛が金剛砂を用いてガラスに彫刻を施したのが始まりといわれる日本のカットガラス。
多くの災難や困難と長い年月を経ても途絶えることなく、庶民の暮らしとともに模様・用途を発展させてきたその歴史から「庶民の育てた文化」ともいわれています。


サイズ6cm × 8cm × 2cmH
外箱〇(桐箱)
型番 EDO-24
在庫状況 31
販売価格
8,640円(税込)
購入数
>