1899年の創業より、
硝子の美しさに魅せられ一筋に歩んで参りました。
東京錦糸町・廣田硝子だけにしかないものを、
これまでもそしてこれからも丁寧に作り続けます。

Founded in Tokyo in 1899, Hirota Glass has established itself as one of the oldest pioneers of the Japanese glassworks
industry. Marrying the traditional glass manufacturing methods of Europe with Japanese artistry,
Hirota Glass have created their own signature style; one that explores hand crafted glass to its artistic limits whilst 
staying true to its classic designs and infleucnes dating back to the pre-war period.
 



創業者の廣田金田氏は新潟から上京した際、硝子製品作りを修行し、
明治三十二年に東京市本所区(現在の墨田区)横川にて硝子コップを製造し始めました。
以降、食器のほか、牛乳やビールの瓶などの工業製品、照明のシェードなど
多岐に渡って硝子製品を手掛けておりました。

戦後、ガラス製品も機械化による大量生産が主流になりましたが、
「人の感性に訴える、手になじむ”ぬくもり”のある製品を作っていきたい」
という思いから、一貫して手づくりで硝子を作り続け、今日に至っています。

◇ ◇ ◇

廣田硝子のロゴマークに舞う燕は、創業者の故郷の燕市をイメージしており、創業当時からの象徴です。
現在でも発送センターは新潟県燕市に構えており、お客様へお届けする硝子もこちらからお送りしております。

わたしたちのお届けする硝子が、末永く皆様のもとでお役に立つことを願っております。
 



 

廣田硝子直営ショップ・すみだ和ガラス館


東京都墨田区錦糸2-6-5

月曜日〜金曜日 営業(土・日・祝休 土曜日特別営業日有)

11:00 〜 17:00


?